【時系列】フィルムレッドでなぜニカになれる?ゾロは閻魔を所持でパラレルワールド説が濃厚

ONE PIECE フィルムレッド 時系列

2022年夏に公開されたONE PIECEの映画『ONE PIECE FILM RED

そんなフィルムレッドですが、物語の終盤でルフィがギア5、つまりニカの状態になったり。

ゾロがワノ国で譲り受けた刀『閻魔』を所持していたりと、時系列がどうなっているのか?と話題です。

今回はフィルムレッドがどんな時系列になっているのかをフィルムレッドに登場したシーンを交えつつ紹介していきます。

目次

【時系列】フィルムレッドはどんな立ち位置になっているの?

ONE PIECE フィルムレッド 時系列

ONE PIECEの最新映画であるフィルムレッド。

そんなフィルムレッドですが、物語の終盤でトットムジカを倒す際にルフィがギア5。

つまりニカの状態になっており、時系列がどうなっているのか?と話題になっています。

ニカはワノ国でカイドウとの戦闘中になった

さらにゾロに関してもワノ国に訪れた際にもらった閻魔を所持。

ゾロは閻魔を所持しておりワノ国編の途中との声も

ONE PIECE フィルムレッド 時系列

コチラはフィルムレッドのゾロとなります。

ゾロの刀はワノ国編で変化が起こり、秋水が閻魔という刀へ変化。

つまり、ゾロの状態を考える限りは、ワノ国に訪れていたコトがわかります。

  1. ワノ国編が終わった後
  2. ワノ国に突入したけど途中でウタを観に行った

このようになるわけですが、2番はカイドウとの戦いの途中でワノ国を後にするというコトは考えにくいです。

そのため、1番のワノ国編が終わった後説が濃厚になりますが、コチラも時系列的に不自然。

ONE PIECE フィルムレッド 時系列

実際に映画の冒頭ではルフィのコトを第5の皇帝と表現されています。

ただ、ワノ国編が終わった後はルフィは4皇となっているため、表現が不自然となります。

もちろん、観客が最新の情報を得ていなかったという可能性もありますが、不自然な部分は作中にいくつか見受けられます。

そのため、ONE PIECEのフィルムレッドはパラレルワールド説が濃厚なのではないでしょうか。

【ONE PIECE】フィルムレッドはパラレルワールド説が濃厚

ONE PIECE フィルムレッド 時系列

ONE PIECEのフィルムレッドですが、パラレルワールド説が濃厚でしょう。

ちなみにジンベエに関しても仲間のような状態になっていますが、本誌の時系列はコチラ。

ジンベエはホールケーキアイランド編の後に一度別れる→ワノ国編の途中で合流

そういったコトもあり、ジンベエがいる=上の2つの説であるワノ国の途中で抜け出したor終わった後というコトになります。

ワノ国編が終わった後として捉えるのであれば、ニカの状態になってトットムジカを最初から全力で倒しに行く可能性は高いです。

ただ、ルフィは一時的にしかニカにならなかったコトもあり、終わった後として捉えるのは納得がいかない部分もあります。

ワンピース ウタ 髪型 髪の色

そのため、パラレルワールド的な感じでフィルムレッドを捉える方が良いのかもしれませんね。

ちなみにコチラはヤマトが仲間になれば、確実にパラレルワールドになるわけですが、果たしてそちらはどうなるのでしょうか。

まとめ

今回の記事ではONE PIECEのフィルムレッドの時系列がどうなっているのか?

コチラを確認していきましたが、少なくともホールケーキアイランド編が終わった後&ワノ国編に入る前という時系列になっているのではないでしょうか。

ただ、ONE PIECEの映画はこれまでも時系列が不自然なパラレルワールドという立ち位置でしたし、今回のフィルムレッドもパラレルワールド。

そういった立ち位置で公開された映画で、あくまでシャンクスの生き様が確認できる作品と捉える方がよいのかもしれませんね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる